サンコーインダストリー採用情報 3Q NAVI

サンコーインダストリー株式会社 2018年度新卒採用情報サイト“3Q NAVI”

サンコーインダストリー株式会社

SUNCOはエコにも力を入れています。

環境経営は、企業にとってごく自然な取り組みです。 サンコーインダストリーでは、「地球にそろそろ恩返し。 みんなで目指そうエコ企業」を合言葉に、 かけがえのない地球のため、ゼロミッションの推進に努めています。

ISO14001の取得

2007年1月、本社、東京支店、北支店、
東大阪物流センターのすべての事業所が
ISO14001を認証取得しました。

適合規格ISO 14001:2004 , JIS Q 14001:2004

登録番号JE0740B

環境理念

  1. 地球全体に影響を及ぼす環境問題への取組みは、経営上の最重要事項であると強く認識します。
  2. 当社の経営理念である「社会への貢献と、より良い社会づくりを目指します」の実現を果たすべく、あらゆる事業活動を通じて積極的に環境対応の実践に努めます。

環境方針

  1. 私たちは、ねじ、工具・締結部品及び関連品の製造委託、仕入・販売する事業活動が環境に与える影響を正しく認識し、環境目的、環境目標及び環境マねじメントシステムを定め、環境活動の継続的な改善を推進し、定期的に見直します。
  2. 環境関連の法規、条例及び当社が同意するその他の要求事項を遵守し、環境保全及び環境汚染の予防に努めます。
  3. 業務革新及びIT推進により、エネルギーの無駄やロスの削減に努め、有効活用を図ることで省資源を推進します。
  4. 環境配慮型商品の開発、販売に積極的に取り組むことにより、環境に負荷を与えない商品の提案を推進します。
  5. 環境に関する教育、広報活動に努め、全社員及び当社のために働く全ての人の環境方針への理解と環境に対する意識の向上を図るとともに、社外一般へ環境方針を公開し、理解と協力を得ます。

環境対応商品

地球と人に優しい商品の提案と提供に努め、
お客様の様々なご要望にお応えしています。

現在、サンコーインダストリーではRoHS (電気電子部品に含まれる特定有害物質の使用制限指令)で規制されている「六価クロム」の代替えとして普及しつつある「三価クロムめっき」に加えて、将来的には三価を含めたクロム化合物を一切使用しない、完全環境対応である「ノンクロム処理」の時代が来る事も視野に入れて、 標準在庫化を進めているまっ最中です。

人に優しいIT

「情報」「IT」「物流」を高活用しつつ、
お客様・お取引先様には常に「新しいサービス」を。
「新しいサービス」を提供する為に、
当社に関わる全ての人には「より良い環境」を。
「新しいサービス」・「より良い環境」を提供する為に
「常に向上してゆく仕組み」を構築しています。

天然ガス自動車の導入 (2007年12月から)

天然ガス車の導入により、地球温暖化の原因となるCO2の削減に貢献します。

第三次物流革命

ITをよりいっそう駆使することで、スピーディな物流・高品質な物流・効率的な物流を実現し、環境へ貢献します。

倉庫の集約化

倉庫機能さらには情報を集約することで、資源の削減や、運行便減少によるCO2の削減に貢献します。

社会貢献活動

地域社会の一員として、美化清掃活動に参加。
できることから、エコロジーをはじめています。

サンコーインダストリーでは、大阪本社・東京支店・東大阪営業所・東大阪物流センター・北支店のそれぞれの事業所で、定期的に近隣の清掃活動を行っています。
清掃活動を通して、地域の皆様とのコミュニケーションを大切にし、美しい環境づくりに努めています。

大阪本社

東京支店

東大阪営業所・東大阪物流センター

北支店

「クリーンおおさか」活動に参加

「クリーンおおさか」は、全市域において、まちの美化を推進する大阪市の事業です。
当社は、毎月の早朝清掃活動に加えて、年に一回行われるこの一斉清掃活動にも参加し、微力ですが地域社会の貢献に努めています。

墨田区主催「クリーンキャンペーン」活動に参加

「クリーンキャンペーン」は、2013年墨田区下267団体
約14,000名が参加する、まちの美化を推進する活動です。
当社東京支店も、毎月第一週金曜日に周辺清掃を行い
「自分たちのまちは、自分たちの手できれいにする」という基本理念に賛同し
活動に参加しています。

本社新館が大阪市西区津波避難ビルに指定されました

将来に想定される南海トラフ巨大地震によって発生する津波による浸水対策として、
サンコーインダストリーの本社新館が津波避難ビルに指定されました。

くわしくはこちらをご覧ください→コチラ